恥の仮面、ゲーム・オブ・スローンズ、そして酩酊のメダル。

物語の第 2 部で述べたように、別の伝説や物語が監獄城の一室に関係しています。

この壁には囚人によって描かれたアイコン、ボロフスクの刑務所城 この壁には囚人によって描かれたアイコン、ボロフスクの刑務所城

この部屋の壁全体に神の母のイコンが描かれていたと言われています。この曲は、石灰、レンガチップ、さらには自分の血など、即興の材料を使って囚人によって書かれたと言われています。困難な旅路や、将来の運命に影響を与える運命的な決断に直面した囚人たちは、看守にここに来て祈るように頼みました。部屋に湿気がなかったという事実にもかかわらず、刑務所は十分に暖房されていたため、透明な滴が常にアイコンを流れ落ちました。

監獄城が住宅地に移転された後、新しい住人はペイントされた顔から何の喜びも感じませんでした。彼らには、神の母がアイコンから彼らを見ているように常に思えました。彼らは壁にペンキを塗ろうとしましたが、ペンキを通して顔が見えてしまいました。そこで壁紙を壁に貼ろうとしたのですが、壁紙が剥がれてしまいました。それから彼らは唯一の簡単な方法を見つけました — 彼らは壁にカーテンを掛けました。この絵は今日まで残っておらず、その存在を示す直接的な証拠もないため、この話を信じるか信じないかは人それぞれの問題です。

現在、この部屋には中世風の展示が行われています。様式化された囚人の模型、拷問の道具や道具、さらには斧やブロックを持った死刑執行人の像まであります。とても雰囲気のある場所です!

この伝説が生まれる前から、私たちは監獄城に教会があったと聞いていたので、この伝説には懐疑的でした。しかし、それは十月革命の前にのみ現れたことが判明しました。現在、教会の敷地内には土産物店があります。観光客向けの定番セットのほか、修復前の城の風景を描いた絵画も販売されています。教会のフレスコ画の残骸は火災により焼失し、今日まで残っていない。彼らの穀物を救うことは不可能でしたが、私たちはなんとか写真を撮ることができました、すべてが取り返しのつかないほど崩れ去りました…悲しいことに…

旧監獄教会の敷地内にあるお土産屋さん、ボロフスカ監獄城 旧監獄教会の敷地内にあるお土産屋さん、ボロフスカ監獄城

刑務所城のメイン展示全体は 1 階にあります。

ツアー終了後、ここを自分で歩いて行けるのが気に入りました。別の部屋の展示は中世のテーマを継続していますが、一種の「試着室」と自信を持って呼ぶことができます。ここでは、鏡の前で本物の中世の恥のマスクやメダルさえ試着できます。

アルコール依存症のマスクは豚の鼻に似ており、イノシシの銃口全体は大酒飲み専用です。

アルコール依存症患者の恥のマスク、ボロフスクの刑務所城 アルコール依存症の恥のマスク、ボロフスクの刑務所城

酩酊に対するメダルはピョートル大帝によって制定されました。禁酒を求める戦いに疲れた王は、アルコール乱用で捕まった者に勲章を授与するよう命じた。犯人はそれを一週間も外さずに首から下げなければなりませんでした。そして彼女の体重は少なくとも7kgありました。試着は可能ですが、ご注意ください。非現実的に重い。

ピョートル1世によって設立されたmzaの酩酊、ボロフスクの監獄城 mzaの酩酊、ピョートル1世によって設立された、ボロフスクの監獄城

男性が主にアルコール依存症の罪を犯しているとすれば、女性は、例えば、鈴が鳴り響くマスクをかぶったり、中傷のマスクをかぶったりすることのないように、常に口を閉ざさなければならない。

そして、口論した女性たちは、特別なストックの中に向かい合って置かれ、悪口がやむまで保管されました。

貞操帯について聞いたことがあるなら、ここで良心のパンティーの隣にある貞操帯を自分の目で見ることができます。中世では、家族の長が長旅に出かける前に、配偶者は通常、そのようなアクセサリーを交換しました。これらの鉄の構造物が裸の体に着用されていたことを考えると、おかしなことではありません。そして、このようにして自分自身がどのような病気になったかについては考えない方が良いです。

反逆罪で捕まった者には、罰も用意されていた。犯罪者は、鉄の尖った形の背中を持つかわいい馬に座り、足には土嚢のような重りを付けられた。その感覚は気持ちの良いものではありません。ですから、残りの半分と一緒に平和、愛、そして調和の中で生きる価値はあったのです。

ここにはニュルンベルクの聖母の模型も展示されています。見た目は無害な木のキャビネットの上に女性の頭が乗っているように見えますが、中には鋭い釘が詰め込まれています。不幸な男は立ったまま屋内に閉じ込められ、無数の針が刺さった。さらに、それらは重要な臓器に触れる位置にあることがよくありました。しかし、その男はすぐに死ぬことはなく、長い間苦しみました。

鉄またはニュルンベルクのメイド、ボロフスクの監獄城 鉄またはニュルンベルクのメイド、ボロフスクの監獄城

試着室の反対側にあるプリズン キャッスルの一室全体が、世界的に有名なテレビ シリーズ「ゲーム オブ スローンズ」に捧げられています。

ここは、写真愛好家や映画ファンにとってまさに楽園です。かつてエルミタージュ庭園でテーマのある祝賀会が開催され、鉄の玉座で写真を撮るために大行列ができたことを覚えています。ここでは、急いで行列に並ぶことなくそれを行うことができます。残りのフォトゾーンも同じレベルで行われます。

ゲーム・オブ・スローンズの鉄の玉座、ボロフスクの監獄城 ゲーム・オブ・スローンズの鉄の玉座、ボロフスクの監獄城

1階のいくつかの部屋がつながって一つの現代アート空間を表現しています。投獄は拷問や剥奪であるだけでなく、自分の人生や行動を分析する理由にもなります。部屋の壁には彫刻や哲学的な言葉が飾られています。それらを読んでいると、本当に考えさせられることがあります。

かつての独房の向かい側はスチームパンク風の装飾が施されています。非常に有名な傑出した科学者がボロフスクに住んでおり、壁全体の 1 つの構図が彼の人生に捧げられています。ツィオルコフスキーは夢の中で自転車に乗ってロケットに向かって舞い上がります。地元住民からは変人だと思われ、笑われることもあったが、一歩ずつ夢に向かって歩み、その実現を果たした。この構図は非常にポジティブに見え、人生について考えさせられ、誰かが自分の夢を信じるのに役立つかもしれません。

夢へ向かうツィオルコフスキー、ボロフスクの監獄城 夢へ向かうツィオルコフスキー、ボロフスクの監獄城

別の壁には、楽しい小さなスチームパンクの作品が飾られています。皆さんもその中から自分に近いものが見つかると思います。陽気で面白い小さな人々が、魚釣りをしたり、蒸し風呂に入ったり、ピアノを弾いたり、二人で手をつないで歩いたりしています。

ホール内の 2 つの構成は、ニューラル ネットワークと人工知能に特化しています。それらは少し不気味に見え、あまりにも急速かつ大規模なテクノロジーの進歩は、時間内に止めなければ人類に残酷な冗談を与える可能性があると考えさせます。たとえば、機械の発達です。

そして別の展示品は、人間の戦争は何も良いことをもたらさないことを思い出させてくれます。テーブルの上には、ドンバスから持ち込まれた貝殻の破片から作られたサソリの小さな彫刻があります…

監獄城の2階に上がると、壊れた階段が目を引きます。

壁とは異なり、それらは修復の対象ではなく、囚人はそれらに足かせを付けたチップを残しました。

展示ホール以外にも、2階にはさらにカラフルで興味深い部屋がいくつかあるので、監獄城の散策は続きます…

良い気分と新しい楽しい印象をみんなに!

いいねとリポスト!

チャンネル登録して、観光スポットや旅行に関する記事を読んでください!

巨大カボチャ 2023: アポセカリー ガーデンでの展示。

アプテカルスキー庭園のカボチャの展示 アプテカルスキー庭園のカボチャの展示

9 月の伝統に従って、アポセカリー ガーデンは訪問者に何を用意しているのでしょうか?

通常、展覧会は素晴らしいものですが、それは花だけではありません。私たちは頻繁にそこを訪れましたが、熱心なデザイナーが常にデザインに携わっていたそうです。風景は何もないところから単純に組み立てられたものであるため、熱狂的なファンがいます。コストは最小限、効果は最大です。素晴らしくて面白かったです。この秋は何が見えるでしょうか?

大規模な広告が始まった後、大勢の人々が庭園に殺到したことは言及する価値がありますか。最初は、パンデミックの影響だと思いました。人々はパンデミックに十分に耐えられず、呼吸ができなくなったのです。しかし、そうではありません。金曜日の夕方、私は巨大なカボチャを鑑賞するために少なくとも30分は立っていなければなりませんでした。毎年、その数が増加しているだけでなく、そのサイズも増加しているようです:250kg、300kg、500kg。彼らがどのようにしてここに運ばれたのかを想像するのは困難です…

しかし、今年の装飾は私たちをがっかりさせました。初心者やこのような展示会に行ったことがない人は間違いなく気に入るはずです。秋にはすべてがカラフルに見えます。装飾には巨大なカボチャだけでなく、さまざまな形のカボチャやズッキーニも使用されています。昨年、彼らを使った作品はどういうわけかより面白く、より完全に見えました。今回は、それらはしばしば無秩序に散らばっていましたが、どういうわけか「芸術的」ではなく、何の熱意もありませんでした。

今年は藪菊が飾りに大量に使われました。ここで書いたツァリツィノの展覧会「庭園と神話」では、彼らはアーチ全体を装飾しました。素晴らしい!アプテカルスキーでは、すべてがはるかにシンプルで創造性が欠けているように見えます。

秋の作品は伝統的なアスターなしでは完成しません。それらは、数は少ないものの、どういうわけかデザイン全体を活気づけました。

写真のようにアスターとストローの組み合わせもなかなか面白そうです。もし変化としてこのテーマを使っていたら、そのような背景のカボチャはもっと印象的に見えたでしょう。

さらに、アポセカリー・ガーデンでの展示のデザインには、装飾的なピーマン、ヘザー、スノーベリーが使用されました。

ヘザーは窓辺を飾るのに最適で、特に寒い季節が始まり、春まで花のことを忘れてしまいそうな時期に最適です。最近ではカフェにもこの装飾が施されていることが多く、無関心に通り過ぎることはできません。ヘザーはカボチャと合わせて非常に印象的で、珍しい色の組み合わせを作り出していますが、やはりプレゼンテーションでがっかりさせられました…

ヘザーを使用した窓枠の装飾、インターネット上の無料アクセスから撮影した写真 ヘザーを使用した窓枠の装飾、インターネット上の無料アクセスから撮影した写真

スノーベリーといえば子供時代をすぐに連想します。この白い実を茂みから摘み取って地面に投げ、追いかけて足で押しつぶすのが嫌いな人がいるだろうか?アプテカルスキーでの展示の助けを借りて、私はこれらの果実が白に限定されないことを知りました。見た目も印象的で珍しいです。

展示会ではホップも見ることができますが、プレゼンテーションには再び多くの疑問が残ります。この植物はつる性の植物ですが、ここではその果実が小さな緑色の円錐形の形で示されています。何が何なのかは不明です。構成はありません。

私はカボチャが展示されていないが、逆に密集した植物の後ろに隠れている断片が気に入りました。少なくとも、この解決策は標準的ではありません。

もちろん、一般的には美しいですが、特別な創造的なアプローチを使わずに、すべてが何らかの形で急いで行われ、シンプルな装飾でライブコンポジションを補完しているように感じます。もしかしたら、その風景画家が辞めたか、創造的な危機に陥っているのかもしれません…あるいは、訪問者が後を絶たないのであれば、ひっくり返すのはやめようと決めたのかもしれません。あるいは財政が完全にカットされた。

安価な価格で新しいデザインテーマを思いつくことは十分に可能です。カボチャを海洋のテーマに結び付けてみませんか? または、ハロウィーン用にカボチャのディスプレイを飾ることもできます。打たれました?- 多分。しかし、アポセカリー・ガーデンにおいては、それが完全に正当化されます。特に黒猫はピョートル大帝の時代からこれらの場所の合法的な居住者であり、一般に猫の子孫と長い間考えられてきたため、装飾に黒猫を追加するのは素晴らしいでしょう。期限を守る必要はありません。とにかく、休日は私たちのものではありません。そして若い人たちは間違いなくそれを高く評価するでしょう。

夕方にアポセカリー ガーデンを訪れる予定がある場合は、がっかりするかもしれません。チケットの販売は閉館の 30 分前に終了しますが、テーマ展示がそれより早く終了するという記載はどこにもありません。庭園エリアは照明が不十分です。温室では展示も半分真っ暗です。真っ暗な中、御所の鯉が泳ぐ池。そしてそのためにお金が取られます。さらに、明るくなるのが早ければ早いほど、何かが見える可能性は低くなります。アポセカリー ガーデンの全体像を把握するには、日中に歩くのがおすすめです。

良い気分と新しい楽しい印象をみんなに!

いいねとリポスト!

チャンネル登録して、観光スポットや旅行に関する記事を読んでください!

フクロウのパオ、ルイジーヌの柱、木製の睡蓮。

ゼレノグラーツクに到着後、あまり人気のないルートから散歩を始めたい場合は、中央広場から郵便局に向かって左に進みます。これについてはパート 1 で書きました。

その向かい側、道路を挟んでフェンスの後ろに隠れているのは、小さく日陰で居心地の良いクイーン ルイーズ スクエアです。

彼女については最後の部分で詳しく説明しました。女王は美しく、賢く、その行動と行為によって臣民の愛と尊敬を勝ち取りました。広場の中央には古代のニレの木が立っています。そして、ルイーズ王妃の息子であるプロイセン王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世がクランツ訪問中に母に敬意を表して植えたという事実も注目に値します。このことは記念碑の銘板に記されています。

有名なニレの記念碑とプラーク。ゼレノグラーツクのルイーズ王妃広場、インターネット上の無料アクセスから撮影した写真、有名なニレ

女王の胸像が堤防のポンプ室から移送されたのはここでした。その隣には巻物の形をした石があり、「私の王国は別の世界にあります。」という悲しい碑文が刻まれています。ルイーズ。」

ルイーズ王妃の胸像 (ゼレノグラーツク) ルイーズ王妃の胸像 (ゼレノグラーツク)

広場はかなり新しいですが、快適です。ここにはたくさんのベンチがあり、これらの場所に関連した歴史的なニュース映画を鑑賞できる小さな夏の映画館、そして小さなパビリオン、つまり本のある図書館があります。ここで、しばらく読むために何かを借りることも、本を一冊取って代わりに別の本を置いていくこともできます。

広場のフェンスには、クランツと女王自身の肖像画が描かれたパネルが飾られています。

ツルゲーネフ通りに沿ってさらに歩くと、サンクトペテルブルクの芸術家ウラジーミル・ルミャンツェフのイラスト風の猫の落書きが家の正面に見えます。そのため、人通りの少ない道を歩いていても退屈することはありません。

ちなみに、同じ通りには王室のテーマが続きます。スタジアムの反対側には、クランツでルイーズ王妃が滞在した家と、いわゆるルイジーヌの柱が見えます。このようなポールは、ケーニヒスベルクとメーメルのルートに沿った郵便サービスの距離を示すものでした。女王はナポレオンから逃げてこの道を去ったため、柱には彼女の名前が付けられました。

ルイーズ王妃とルイジーヌの柱が一晩滞在した家、ゼレノグラーツク ルイーズ女王とルイジーヌの柱が一晩滞在した家、ゼレノグラーツク

もう少し歩くと、観光客は木で作られた装飾的な作品に出会い始めます。

これは、近くの小さな明るいパオの中で、「フィロソビア」と呼ばれるゼレノグラーツクのユニークな私立博物館がゲストを待っていることを意味します。これについては、ここで詳しく書きました。

この博物館は、フクロウをテーマにした展示物を見て、なぜフクロウと猫が似ているのかを知ることができるだけでなく、フクロウ、ワシミミズク、他の鳥などの生きている生き物たちについて知ることができるという点で珍しいです。この博物館は主要な散策エリアから少し離れた場所にありますが、動物とのコミュニケーションは常に多くのポジティブな感情をもたらすため、間違いなく訪問する価値があります。

ゼレノグラーツクに何度行っても、興味深い博物館や観光スポットがすべてあり、一度に街全体を訪れるには十分な時間がありません。

例えば、何度来ても市内の公園にたどり着けなかった。プロイセン時代にはプランタージュと呼ばれていました。ちなみに、公園が出現した結果、造園のためのお金は、ルイーズ女王の息子である同じプロイセン王によって割り当てられました。公園は本当に素晴らしいものになりました。公園の入り口では、花壇のあるプラットフォームがゲストを出迎えました。小道は彫刻や観賞用の植物で飾られていました。公園からそれほど遠くないところに、夏のステージで音楽の夜が開催されるレストランがありました。公園ではクロケットやテニスをすることができます。ここでは子供たちのパーティーやスポーツ大会が開催されました。

プランタージュ公園、クランツ、インターネット上の無料アクセスから撮影した写真 ゼレノグラーツクの中央都市公園、インターネット上の無料アクセスから撮影した写真 ゼレノグラーツクの中央都市公園、インターネット上の無料アクセスから撮影した写真 プランタージュ公園、クランツ、無料から撮影した写真インターネット上でアクセスする

プランテージ公園の主要な装飾の 1 つは、もちろん、コウノトリの池です。池の名前は、小さな島に設置されたコウノトリの置物に由来しています。

現在はトルティリン池と呼ばれています。伝説によると、ここはピノキオのおとぎ話の同じヒロイン、亀のトルティーラが住んでいる場所です。リナ・ゼリョナの映画の映像をすぐに思い出します。池には鳥が住み、真ん中には噴水があり、木製の睡蓮が飾られています。写真で見るまでは奇妙で神秘的な名前です。装飾的な木製の橋ですが、池に色を与えています。

木製のスイレン、インターネット上の無料アクセスから撮影した写真 インターネット上の無料アクセスから撮影した写真 木製のスイレン、インターネット上の無料アクセスから撮影した写真

池には古くから南北を分けるため息橋と呼ばれる橋が残されています。19 世紀に建てられ、何度も再建されましたが、今日まで生き残っています。美学とロマンチストのための場所))

ため息の橋、インターネットの無料アクセスから撮影した写真 ため息の橋、インターネットの無料アクセスから撮影した写真 ため息の橋、インターネットの無料アクセスから撮影した写真

トルティリーナ池の周囲の小道には、キノコのインスタレーションや鹿の彫刻が点在するだけです。どちらも自然ではないのは残念です))

インターネットの無料アクセスから撮影した写真 インターネットの無料アクセスから撮影した写真 インターネットの無料アクセスから撮影した写真 インターネットの無料アクセスから撮影した写真

公園内にはもう 1 つの歴史的な場所、またはむしろ木があります。それはインペリアル オークです。普仏戦争でのプロイセンの勝利を記念して植えられ、同じルイーズ王妃の息子の一人であるウィリアム1世王にちなんで名づけられました。実際、当初は 3 本の木が植えられていましたが、最も強力な木だけが今日まで生き残っています。

ゼレノグラーツクの公園にあるインペリアルオーク、インターネット上の無料アクセスから撮影した写真 ゼレノグラーツクの公園にあるインペリアルオーク、インターネット上の無料アクセスから撮影した写真

公園の路地の 1 つには、かつてクランツで休暇を過ごした、有名なポーランドの詩人で作家のアダム ミツキェヴィチの記念碑があります。彼の向かいには、彼の作品からの引用が記された装飾的なベンチがあります。

アダム・ミツキェヴィチの記念碑、インターネットへの無料アクセスから撮影した写真、インターネットへの無料アクセスから撮影した写真 アダム・ミツキェヴィチの記念碑、インターネットへの無料アクセスから撮影した写真

公園の郊外には、サム シムキンの記念碑と永遠の炎のある集団墓地という 2 つの観光スポットがあります。

サム・シムキンは有名な詩人であり、外国の詩の翻訳者です。彼は休暇でゼレノグラーツクに来るのも大好きでした。記念碑の隣には、ボリス・スルツキーの詩が記された小さな銘板があります。

鼻が高くて自由な鳥、カウボーイシャツを着て笑うサム・シムキンにはぴったりだ。私はレニングラードに2年間、カリーニングラードにも2年間住んでいました。何から?ロマンの為に…

サム・シムキンの記念碑、インターネットへの無料アクセスから撮影した写真 サム・シムキンの記念碑、インターネットへの無料アクセスから撮影した写真

この記念施設は、1945 年 2 月に亡くなったソ連兵に捧げられています。埋葬者の大半は地元の医療大隊や病院で亡くなった人たちだった。5月9日には必ずここで式典が行われ、人々が記念碑に花を捧げます。私たちは9日のある日、ここに来たばかりだったのですが、なぜか花を持った人々が中央広場からプロムナードに向かって歩いていきました。当初、彼らは記念碑がそこのどこかにあると考えていました。まあ、あるいは、その側を歩くというある種の伝統があるのか​​もしれません… その時の天気は非常に風が強く曇っていたので、海岸に沿って自主的に散歩する人はほとんどいなかったでしょう。

ゼレノグラーツクの戦没者の記念碑、インターネットへの無料アクセスから撮影した写真 ゼレノグラーツクの戦没者の記念碑、インターネットへの無料アクセスから撮影した写真

さらに、ゼレゴラツクには観光客があまり注目しない観光スポットが他にもいくつかあるので、自分で散策しながら探す必要があります。

たとえば、ゼレノグラーツクには独自のツァーリ・キャノンとツァーリ・ベルがあることをご存知ですか? まあ、もちろん王ではなく、枝です))しかし、あります。それらは、時間の輪の噴水の隣のクロルトヌイ通りの門の後ろのカフェの領土にあります。そして、ゼレノグラーツクにはそのようなものがあります!

インターネットの無料アクセスから撮影した写真 インターネットの無料アクセスから撮影した写真 噴水の輪、ゼレノグラーツク、インターネットの無料アクセスから撮影した写真 インターネットの無料アクセスから撮影した写真

さらに、ゼレノグラーツクにはもう一つの博物館スペース、人形博物館があります。モスコフスキー通り 2 番沿いにあり、クロルトヌイ大通りからのアクセスは難しくありません。なぜそれほど人気が​​ないのかわかりませんが、私たちもまったく偶然にそれを知りました。最近オープンしたんだけど… 時間が経つにつれて人気が高まるだろうということ。この博物館の展示は、ここで書いた猫街のような市内の歴史的建造物をテーマに設計されています。

インターネットへの無料アクセスから撮影した写真 インターネットへの無料アクセスから撮影した写真 インターネットへの無料アクセスから撮影した写真

いずれにせよ、ゼレノグラーツクの街を歩くのは楽しいです。有名な場所や名所に加えて、散歩に何も期待していないと思われるとき、まったく予期せずに興味深い「トリック」が現れます。さあ、散歩して、どんどん新しい感動を感じてください。

いいねとリポスト!

チャンネル登録して、観光スポットや旅行に関する記事を読んでください!

レモン、オーブン、そしてソ連への郷愁 — ロシアのデザート博物館。

前編で紹介したモスクワのチーズケーキ博物館を訪れたので、ズヴェニゴロドにも行きたいと思っていました。

観光客(巡礼者の話ではありません)にとってこの街の最も重要なハイライトは、タチアナ・フェイナ・ロシアデザート博物館です。

この一見何の変哲もない家には、たくさんの興味深いものが隠されています。展示は 2 つのフロアに分かれています。最も重要な部屋は、ある種のおとぎ話の塔かロシアの居酒屋に似ています。どこにでも、サモワールが置かれた長いペイントされたテーブル、ニットマットが置かれたベンチがあります。

壁沿いには絵画で飾られたアンティークの食器棚があり、展示品がぎっしり詰まっています。天井には同じ珍しいシャンデリアが飾られています。

ここでは、ゲストは希望に応じてお茶で歓迎され、ゆっくりとした会話の中で、ロシアの甘い珍味の出現の歴史やロシアのお茶の飲み方の伝統について話します。興味深い事実は、レモンを入れてお茶を飲むのは決してイギリスの伝統ではなく、ロシア独自の伝統であるということです。ただし、レモンは私たちの国で最も一般的な果物ではありません。そしてその理由は、ロシアの永遠の問題の一つであるひどい道路にあります。私たちのポットホールに乗っている乗客は非常に震えていたので、乗り物酔いしやすかったです。したがって、道の居酒屋では、旅の苦労を和らげるために、ゲストには常にレモン入りのお茶が提供されました。

モスクワでしわくちゃのバージョンを聞いたので、私たちはここのツアーには参加しませんでしたが、ここで何が言われているかをたまたま聞きました。ズヴェニゴロドとモスクワのツアーの内容は同じです。したがって、本当に聞きたい場合は、ズヴェニゴロドに来る方が良いでしょう。しかし、一般的には、遠足をしなくても、歩き回って内部を観察するのは興味深いものです。

別の部屋には、クマ、ノウサギ、ネコなど、すでに愛されているキャラクターの絵が飾られており、ベリーをテーマにしたシーンも追加されています。

ここでは、ロシア文化に少し詳しくなり、古代のレシピを書き留めることもできます。

建物の 1 階には展示室がいくつかあります。ある部屋はテーブルのあるカフェとまったく同じように見え、すべてが同じ認識可能なスタイルで行われています。入り口の売店でお茶やコーヒーを注文して、静かに座って非日常の雰囲気に浸ってみてはいかがでしょうか。

さらに 2 つの部屋はソ連時代へのノスタルジーに捧げられています。そのうちの 1 つは小さくて狭く、壁があらゆる種類のゴミで覆われ、ソ連時代の共同アパートの倉庫か廊下を思い出させた。このような美術館では、同じ絵画によってリフレッシュされない限り、それは明らかに不必要です。

しかし、もう 1 つは、ソ連時代のレシピや調理器具が、より思慮深い方法で掲載されています。この部屋は訪問者を、母親や祖母がソビエトのキッチンでたむろし、最小限の材料で休日に最高の料理を作ろうとした時代に連れ戻します。当時はカルダモンやココナッツフレークはおろか、一般的な商品すら品薄状態だった。そして壁には、ソビエトの店で売られていたおなじみの人気のデザートが見えます。展示物の中には創造的な混沌がありますが、全体的な雰囲気はソウルフルです。

しかし、この博物館で最も珍しい本物の部屋は、本物の巨大なロシア製ストーブのあるホールです。ここでは、ご希望であれば、ジンジャーブレッド、パイ、ベーグル作りのマスタークラスを注文できます。自分で作って、オーブンから出してすぐに温めることもできます。壁は同じ絵画が追加されたロシア風に装飾されており、ロシアのストーブの暖かさが居心地の良いリラックスした雰囲気を作り出しています。

美術館の入り口にショップがあります。ここで入場料やツアー料金を支払い、紅茶やコーヒーを注文したり、お土産を購入したりできます。

この都市はモスクワからそれほど遠くなく、MCD-1 列車に乗って自分で行くことができます。そこで別途チケットを購入する必要はなく、トロイカカードを使用するだけでアクセスできます。ズヴェニゴロド駅では、トロイカを認証する必要があり、通勤ゾーン料金で追加料金が引き落とされます。駅には無料のトイレがあります。モスクワ発着の電車はルートが 1 本しかないので、帰りはホーム間を走る必要がなく、電車が到着して乗客が降り、しばらくすると逆方向に進みます。

駅から徒歩で行くのは不便ですし、道もそこそこなので、特に土地勘のない人には不便です。私たち自身も歩くのは大好きですが、中央環状線沿いの道はなぜか興味をそそられませんでした。駅からはマイクロバスやバスで直接行くことができます。運賃はカードまたは現金でモスクワよりも安くなります。可能であれば、ミニバス内では座るか、しっかりとつかまっていただくことをお勧めします。街の入り口で道路はループを描いているため、曲がり角に立っていると、自分に第 5 の手や尻尾がないことを後悔するほどです。

この街について少し知るには、ズヴェニゴロド出身のリュボフ オルロワにちなんで名付けられた文化センターの隣の停留所で降りて、歩いてみましょう。ここには、ズヴェニゴロド マネゲ、チェーホフの家、バック トゥ ザ ソビエト連邦博物館、商人裁判所、多くの教会など、見どころがたくさんあります。

ここで書いたサヴィノ・ストロジェフスキー修道院は中心部から離れた場所にあり、特に注目に値します。

私たちは 1 時間以上かけてロシアデザート博物館をゆっくりと見学し、とても感銘を受けました。

ズヴェニゴロドと比べると、モスクワ「支店」では、非常に雰囲気がありますが、アーティストのアイデアのほんの一部しか見ることができません。

タチアナ自身、自分の仕事について次のように語っています。

私の創作活動は人生のデザートのようなものでもあり、魂のためであり、ある意味自分を甘やかすものでもあります。デザートもお腹を満たすためのものではなく、楽しむためにあるものです。

来て、見て楽しんでください。

良い気分と新しい楽しい印象をみんなに!

いいねとリポスト!

チャンネル登録して、観光スポットや旅行に関する記事を読んでください!

ズヴェニゴロド: 巡礼者ではない場合、サヴィノ・ストロジェフスキー修道院で何を見るべきですか?

ズヴェニゴロドの小さな町は、多くの人にとってすぐにサヴィノ・ストロジェフスキー修道院を連想します。モスクワの旅行会社が​​提供するツアーの 1 つは、「詩篇と細胞の街」と呼ばれています。そのような名前はすぐにグループを特別な気分にすることに同意しますが、若者や特に宗教的でない人は、長い間この都市への興味をそぐ可能性があります。

友人と私は巡礼者ではありませんが、信仰を尊重していますが、遠くから見て、自分たちでズヴェニゴロドに行くことにしました。私たちにとって主な魅力の中心は修道院ではありませんでした。でも、時間もあるし、近くにもあるので、ちょっと行ってみてはいかがでしょうか?

赤い塔、サブヴィノ・ストロジェフスキー修道院 由緒あるストロジェフスキーのサヴァ 赤い塔、サブヴィノ・ストロジェフスキー修道院

サヴィノ・ストロジェフスキー修道院は、最も有名な正教会の修道院の 1 つです。

14 世紀にラドネジのセルギウスの弟子である不思議な芸術家サヴァによってストロジェ山に設立されました。17 世紀に、修道院は静かな皇帝アレクセイ ミハイロヴィチの命令によって再建されました。彼の下で、修道院の領土は拡大し、鐘楼と皇后の部屋がここに現れました。国王は毎年この修道院を巡礼しており、しばしば徒歩で巡礼していたため、修道院の正面玄関がありません。伝説によれば、皇帝の3歳の息子、ピョートル・アレクセーヴィチも修道院まで歩いて行こうとしたが、途中で眠ってしまい、そりに乗せられたという。目を覚ました未来の王は、雪の中に最後の足跡が残っていた場所に戻るよう要求し、それから再び道を続けました。

ピョートル大帝は子供の頃にこれらの場所を頻繁に訪れ、ここで 17 歳の誕生日を祝い、修道院の壁にある本物の大砲からカブやリンゴのピクルスを撃って誕生日を祝いました。その後、彼は親友で同志のメンシコフに次のように語った。

「サーシュカ、これを閉じることはできません。祖国に利益をもたらす修道院です。」

ポルタヴァの戦いの前にここでピョートル大帝に贈られた小さな聖像が、スウェーデンの銃弾を受けてピョートル大帝の命を救ったという伝説があります。ペテロは感謝の気持ちとして、ポルタヴァの戦いに参加した大砲の1基を溶かし、修道院のために鐘を鋳造するよう命じた。

ピョートル大帝の命を救ったこの修道院自体も深刻な被害を受けた可能性があります。第二次世界大戦中、敵はわずか 3 キロメートル離れた修道院のほぼ城壁で阻止されました。同時に、修道院には傷一つつきませんでした。その後、退役軍人たちは修道士たちに、どうやら修道院はサヴァ修道士自身が自らの手で閉じて救ったようだと語った。

聖サヴァの遺物は長い間修道院に保管されていましたが、革命後に開放されました。この神社は、記念碑保護委員会のメンバーであるミハイル・ウスペンスキーによって保存され、長期間保管されていました。彼の死後、遺物は親族によって故郷の修道院の壁に移されました。そして、巡礼者が敬意を表しに来るのはサヴァの遺物です。

ラドネジの聖セルギイの門教会と食堂の基礎。聖サヴァの遺物が保管されている聖母マリア生誕大聖堂 ラドネジの聖セルギイの門教会の基礎と食堂。聖サヴァ神の聖遺物が保管されている聖母マリア生誕大聖堂

しかし、巡礼者でなくても、サヴィノ・ストロジェフスキー修道院はきっと気に入るはずです。夏には、修道院の小さいながらも居心地の良い領土は単に花壇に埋められます。

ズヴェニゴロド博物館 ズヴェニゴロド博物館

ここを散策するのは素晴らしいことです。古代の城壁のいくつかの隅には、イタリアの色彩豊かな景色を彷彿とさせる興味深い風景が形成されています。

訪問者にとって、この地域には少なくとも 2 つの興味深い場所があります。プロビジョニング タワーとツァリナ室内博物館です。

1 階の正面玄関の右側にあるプロビジョニング タワーでは、ペストリーやパンなどの修道院の製品が販売されています。上の階では、小さいながらも非常にカラフルな修道院のカフェに座って、本物のボヤールの隣でお茶とパンを飲むことができます。

場所は少ないですが、入り込めます。テーブルのあるニッチにはさまざまなテーマのステンドグラスの窓が飾られていたため、私たちはまだ立ったままどこに座るかを選択していました。レモンの木を手に入れましたが、それは誘惑の蛇に絡まったリンゴの木だったことが判明しました。一般に、聖書のアダムとイブを参照したステンドグラスの窓)))

壁への出口もあり、そこに沿って無料で歩くことができます。通路の一部しか開いていませんが、より完全な理解を得るために、この場所は一見の価値があります。

プロビジョニング・タワーでの軽食に加えて、私たちはもちろん、ツァリナ・チェンバーズという魅力的な名前の地元の博物館にも惹かれました。

これらはアレクセイ・ミハイロヴィチの命令により、彼の妻マリア・ミロスラフスカヤのために建てられました。部屋は中央部に位置し、通路で女王の家の神殿につながっていました。現在、部屋の展示は、ボヤールの部屋の内部を備えた 3 つの小さな部屋で表されています。部屋には、家具、食器、女性用宝石などの小さなアイテムのコレクションが含まれています。ここでは、修復家がタイルで装飾されたストーブを再現しました。

展示は小さいですが、とても気に入りました。そして、おしゃべりな管理人は、古代のビュッフェの秘密を教えてくれ、ボヤールの食事の伝統について少し話してくれました。たとえば、「無塩をすする」というフレーズは、食べ物に塩を加えたことを後悔しているゲストの状況を指します。当時はものすごいお金がかかりました。

実際、博物館には郷土史展示、テーマ展示、そして今回の展示の 3 つの異なる展示があります。それぞれに独自のチケットを購入し、別の入り口を用意する必要があります。「彼らは労働者に法外な料金を請求し、すべてのステップに対してお金を支払っている」という憤慨したレビューをたくさん読みました。しかし、私の意見では、100ルーブルは現代において象徴的な金額です。3倍のお金を払って3つの展覧会をすべて見たとしても、総額はそれほど巨大ではありません。

全体的に、この場所はとても居心地が良く、フレンドリーです。お遍路さんもそうでない方も、誰もが自分なりの面白さを見つけられる場所だと思います。

良い気分と新しい楽しい印象をみんなに!

いいね、コメントを残して、再投稿してください!

チャンネル登録して、観光スポットや旅行に関する記事を読んでください!

甘い退屈: アレクサンドロフスキー チーズ工場への遠足。

グレーズドチーズカードは、性別や年齢を問わず多くの人に愛されています。モスクワの有名なツアーオペレーターは、アレクサンドロフ工場でのスイートチーズカードの製造見学ツアーを積極的に提供している。最初の連想は子供の遠足ですが、その一方で、どんな作品でも、特に何も知らない作品、特においしいものや甘いものは、あらゆる年齢の人々の興味を呼び起こします。さらに、モスクワからそれほど遠くない場所にあり、道は疲れません。ちなみに満員バスに乗った私たちのグループは大人2~3人でした。

ビジネスマンのボリス・アレサンドロフは、輝かしい90年代にキャリアをスタートさせました。その後、彼は Rosagroexport 社を所有しました。当時、ロシアはベラルーシとバルト三国からの特定の食品の輸入を禁止していたが、彼の会社は幸運にも甘いグレーズドカードの生産不足を補うことで隙間を埋めることができた。その後、アレクサンドロフの製品は、より明るく、より魅力的な輸入品に徐々に置き換えられ始めました。同時に、実業家は、ロシアに新しい富裕層が現れ始めていると考え始め、彼らにまったく新しいブランドでプレミアム製品を提供することが決定されました。

「B.Yu.Alexandrov」のチーズケーキは実際、類似品の3倍の価格がかかります。

しかし、一般的に、工場が説明したように、カードの価格差に影響を与えるのはグレーズだけです。高級製品のグレーズにはベルギー産チョコレートが使用されていますが、中身の品質に違いはないと思われます。そして今、私は有名な広告の質問を思い出します。「あまり違いが見られないなら、なぜもっとお金を払うのですか?」もちろん、あなたが洗練されたグルメでない限りは別ですが。

博物館は皆さんをとても温かく歓迎しますが、この物語は子供向けに特別に作られています。彼らはツアー中、質疑応答形式で子供たちとコミュニケーションを取り、非常にゆっくりと、子供たちがアクセスできる方法で、遊び心のある方法で情報をかみ砕きます。もちろん、いくつかの興味深い、新しい、有益な情報を入手しましたが、ほんのわずかでした。私が特に面白かったのは、自分自身のことや、植物性食品の加工による牛乳の生産プロセスについて話す牛でした。牛の胃は草をすぐに消化することができないため、常にガムを噛んでいるということは知りませんでした。

子どもたちが幸せだったことは間違いありませんし、子どもたちが幸せになったことで親も嬉しかったと思います。しかし、一般に、そのような遠足に参加している大人は、少なくとも退屈から首を吊るでしょう。大人だけのグループが彼女の前に現れたら、プレゼンターはどうするでしょうか?精神薄弱者のように、言葉を引きずったり、情報を噛み砕いたりするでしょうか?

本番環境に行って感想を得るという希望の光はまだ残っていましたが、それは正当化されませんでした。もちろん写真撮影は禁止ですが、正直、撮影しても問題ないし、撮りたくても撮れるでしょう。グループは作業場に連れて行かれ、そこに放置され、組み立てラインで作られたフレッシュチーズをご馳走になりました。しかし、騒音の中で何も見ることも聞くことも非常に困難でした。私は機械の部品にローブが入り込む危険を冒して近くに立っていたため、梱包プロセスを見ることができただけでした。安全対策と遠足のプロセスの組織化は明らかに不十分です。そして、実際には何も生産されていません。

「制作を知る」後はお茶会を行いました。木の塔の中で温かいお茶と甘いお菓子を食べると、とても良い気分になりました。私は通常、スピリチュアルな食べ物を好みますが、おそらくこれが旅全体の中で最も楽しい瞬間です。それから彼らは私たちにギフトの入った箱を渡し、その帰りに地元の小さな店に連れて行き、そこで工場で作られた製品を他の製品と一緒に販売していました。

お菓子の製造工場を訪れると、本来なら心地よい余韻が残るはずだが、今回の見学は正直言って残念だった。したがって、そこに行くことに決めた場合は、小学生以下の子供だけを対象にして行くことをお勧めします。そして、彼らは興味を持ち、おいしいので、あなたは彼らに満足しています。

良い気分と新しい楽しい印象をみんなに!

いいね、コメントを残して、再投稿してください!

チャンネル登録して、観光スポットや旅行に関する記事を読んでください!

「ポケットの中の真珠」:ニジニ・ノヴゴロド。

地所の所有者の姓の最初の文字が入った紋章 — セルゲイ・ルカヴィシニコフ 地所の所有者の姓の最初の文字が入った紋章 — セルゲイ・ルカヴィシニコフ

観光客がニジニ ノヴゴロドを訪れるとき、常に主要な観光スポットに重点が置かれますが、この街には他にも興味深いものがあります。ヴォルガ川のほとり、堤防の上のすぐ上にジェムチュジナが立っています。パールの装飾は非常に芸術的で折衷的ですが、大規模なニジニ ノヴゴロド クレムリンとチカロフの階段を背景にすると、より控えめに見えます。私はこの場所をサンクトペテルブルクの堤防とそこに続く宮殿を連想します。

パールの作成者、またはむしろ顧客は、これらの地域で有名な「鉄の老人」、商人グリゴリー・ルカヴィシニコフの息子、セルゲイでした。

「マカロフの家、彼の将来の家は素晴らしくて美しいです。千人の石工がそれを建てるでしょう。モスクワとサンクトペテルブルクの図面と計画。そして家、宮殿ができるでしょう。そして宮殿には百の部屋があります。そして二光ホール。そして大理石の階段は他に類を見ないものです。そしてその宮殿にはちょうど100万ドルの費用がかかります。それは必要です。マカロフ宮殿は素晴らしくて素晴らしいです。街全体が息をのむように」

これはまさにニジニ・ノヴゴロドの真珠を、「呪われた家族」というセルゲイの家族についての小説を書いたセルゲイの兄イワン・ルカヴィシニコフによって描写されている方法である。この小説の主人公たちは架空のものではありますが、別の名前で紹介されていますが、実際には小説には彼自身の家族の隅々までが描かれています。

真珠は複雑であることが判明しましたが、秘密がありました。邸宅には古い小さな家が実際に建てられていました。それは商人ベズロムツェフの所有物で、グリゴリー・ルカヴィシニコフ自身がオークションで購入したものです。あるバージョンによると、お金を節約するために、彼らはそれを取り壊さず、単に新しい邸宅に「建てた」だけです。忘れないでください — 制限は 100 万です。別のバージョンによると、私は途中で母親に会い、古い家をそのようなオリジナルの方法で保存しなければなりませんでした。小説の中では「おばちゃん」とのエピソードも次のように描かれています。

「そう思ったのよ、おばちゃん。もちろん、それがあなたの望みなら、ここに住む方が良いでしょう。記憶とかそういうもの。しかし、これが私があなたに提案するものです。あなたは残りの場所を私に売ってください。ここに家を建てたいです。それはあなたにとってもっと楽しいです。隣人もいるだろう。親族。そしてあなたはここにいます。あなたはここにいますか。心配しないでください。ここ。いつもここにいる。

— 私はここにいます。はい。

— それは良い。同意しますか?そしてお金をあげます。

— 必要ありません。ここにいるのは私だけです。」

真珠、つまりルカビシニコフ邸宅は 1877 年にわずか 2 年で建設されましたが、内装は同じ期間継続されました。

この建物には、別棟、サービス棟、安定棟が追加されました。準備ができていない人の邸宅のインテリアは、その贅沢さに驚かされるだけで、多くの場合不器用で過剰ですが、とても魅力的です。多くの部屋では、ただぶらぶらして壁画や漆喰の天井を眺めます。

インターネット上の無料アクセスから撮影した写真 インターネット上の無料アクセスから撮影した写真

検査は1階の「ビジネスエリア」から始まります。かつての更衣室には現在、ニジネ・ヴォルシスカヤ堤防の模型が展示されており、その下にはプロジェクターが敷地自体の建設の歴史の瞬間を映しています。そのすぐ隣には図書室と、もう一つ秘密のある重要な部屋がありました。

ルカビシニコフ邸の応接室 ルカビシニコフ邸の応接室

喧騒や騒音から離れた 1 階には、邪悪なライオンの頭によって守られている、敷地内で最も豪華な部屋の 1 つがあります。もちろん、ここオーナーのオフィスには、人間サイズの扉を備えた巨大な秘密金庫があり、財務、有価証券、宝石が集中していました。兄の小説によると、セルゲイ・ルカヴィシニコフはオフィスを無視し、2階のダイニングルームで働くことを好んだという。

「しかし、その部屋はオーナーのオフィスにはなりませんでした。彼は一人で二階を走り回っています。そしてオフィスと同じようにダイニングルームでも」

2 階には、おもちゃが置かれた小さなウォークスルー ルームがあり、すぐに興味をそそられます。しかし、子供たちと乳母はまったく別の場所に住んでいたため、保育園はまったく保育園ではなかったことが判明しました。ここでは、あなたはただ引き裂かれ、展示品から漆喰の天​​井、そして足元の同様に興味深い寄木細工の床に注意が飛びます。

次の部屋では、漆喰の造形は明らかにやりすぎでしたが、ここでは珍しい寄木細工の床がより注目を集めています。違う角度から見ると絵が変わります。まるで万華鏡の絵を見ているかのような、珍しい効果が得られます。寄木細工の床は修復家によって発見され、修復されました。

窓の外にはヴォルガ川の美しい景色が見えます。正確にはバルコニーから。外に出て散歩することができないのが残念です。バルコニーはかなり長く、ほぼフロア全体です。ここでゲストはおそらく景色に感嘆し、おそらくホストはお茶を飲んでいたでしょう。「お茶を飲みながら通りを見ましょう」))

3D効果のある珍しい寄木細工

敷地内をさらに歩き回ると、贅沢には終わりがないように思えます。目の前にはフォーマルなリビングルームがあり、そのスペースには巨大な丸テーブルが置かれています。現在、公開会議はテーブルで行われますが、ルカヴィシニコフ家のもとでは、ゲストはソファに座って会話を交わしていました。リビングルームの装飾は色彩豊かで、天井のメダイヨンの絵は19世紀のもので、本物です。

ステート リビング ルーム、ルカビシニコフ エステート; ステート ルーム、ルカビシニコフ エステート

邸宅の正面のリビングルームから見ると、その装飾と広さには驚かされる宴会場があります。ツバメが空を舞う様子を描いた天井画は無限の錯覚を生み、ホールの天井がより高く感じられます。天井のランプは紛失し、絵画に置き換えられたという。目に映るものにまだ驚かない人は、ボールルームの中央にある巨大な鏡を見ることをお勧めします。では、それがどれくらいの費用がかかるのか、またどのようにして作られ、ロシアの道路沿いの地所に届けられなければならなかったのかを想像してみてください。ちなみに、ルカヴィシニコフは最初のレセプションを鏡なしで行いました。その費用が確立された制限に収まらなかったためです。100万で、それ以上は1ペニーもありませんでした。

ボールルーム。ルカビシニコ邸の宴会場。ルカビシニコ エステート

検査が終わるまでに、家の中を通るルートのアイデアが明らかになります — デザート、つまりボールルームとメイン階段のある鏡張りの廊下は、残りへの興味を妨げないように最後に残されます。部屋の様子。

鏡の回廊では、他の世界への入り口の外観にすぐに注目が集まります。アトランティス人によって支えられた巨大な鏡が、互いに向かい合って配置されています。私は暗闇の中で一人でここにいたくありませんが、未婚の女の子たちは、鏡に映る婚約者を見ることを期待して、このテクニックを喜んで占いに使いました。

おそらくこの家には本当に神秘主義が存在しているのでしょう。窓に実体の輪郭が描かれた使用人用の別荘の写真がインターネット上に出回っています。この写真は 1936 年に撮影されたもので、当時は Photoshop が使えませんでした。彼らは、使用人の霊がここに住んでいて、ルカヴィシニコフ家の主要な秘密である宝物を守っていると言います。宝物は実際には発見されていませんでしたが、おそらく存在する可能性があります。このようにして、富裕層はボリシェヴィキの略奪から首都を守り、状況が落ち着いた後に首都を取り戻そうとした。たとえば、「12脚の椅子」とキサ・ヴォロビャニノフの義母を思い出してください。

インターネット上の無料アクセスから撮影した写真 インターネット上の無料アクセスから撮影した写真

邸宅の廊下を歩いてみると、なぜこの邸宅が「真珠」と呼ばれているのかがわかります。レアを追加します。しかし、このポケットはそれと何の関係があるのでしょうか?そして、ニジニ・ノヴゴロド自体は、ロシア最大の貿易都市の一つであったため、「ポケット」というあだ名が付けられていました。つまり、それは「ポケットの中の真珠」であることがわかりました。

開けるとドキドキしながら中身をずっと眺めていられるような、大切なオルゴールを連想させます。真珠は閉じた貝殻の中で成長しますが、別の寓意は何でしょうか?

彼らはルカビシニコフの邸宅について書いていますが、何らかの理由でニジニ・ノヴゴロドの主要な名刺ほど有名ではありません。

実際、私は旅行の前夜にそのことを知り、同じようにこれらの地域への旅行を計画している友人にそれを共有しました。彼らは興味を持ち、ヒントをくれたことに感謝してくれました。『Pearl in your Pocket』は本当に注目に値する作品なので、この情報があなたのお役に立てば幸いです。

良い気分と新しい楽しい印象をみんなに!

いいね、コメントを残して、再投稿してください!

チャンネル登録して、観光スポットや旅行に関する記事を読んでください!

全ロシア展示センターの花の科学パビリオンはどうしたのですか?

私はVDNKhを子供時代と関連付けています。周りには興味深いものがたくさんあるので、私たちは両親と一緒にここを歩くのが大好きでした。良いニュースは、この場所が発展を続け、新しい場所が現れ、多くのパビリオンが再建中であるということです。しかし、アップデートが常に有益であるとは限りません。

子供の頃から、私たちは花卉栽培パビリオンに行き、青々とした植物を眺め、賞賛しました。

そして、VDNKh が荒廃し、内部の噴水が機能しなくなり、パビリオンのスペースが種や苗の活発な取引を行う露店で占められていたときでさえ、花卉栽培パビリオンは生き続け、好奇心旺盛な訪問者の注目を集めていました。

数年が経ちましたが、花卉栽培に行くという伝統は残っています。

90 年代は過去のことであり、ショッピング アーケードやテントの形で残された遺産はいたるところで根絶されていますが、この花と種子の世界では、この古代の遺物は否定性や軽蔑を引き起こすことはありませんでした。おそらく子供時代への郷愁のためか、あるいは花が豊富にあるためかもしれません。

再建前の花卉パビリオン、インターネットの無料アクセスから撮影 再建前の花卉パビリオン、インターネットの無料アクセスから撮影 再建前の花卉パビリオン、インターネットの無料アクセスから撮影 再建前の花卉パビリオン、インターネットの無料アクセスから撮影インターネット

再建直後、私たちは花卉栽培に無料で入ることができました。その時は、後に検査が有料になるとはほとんど知りませんでした。生花や植物は何らかの形で否定的な感情を呼び起こすことができないため、そこには何か特別なものが生けられるのではないかというかすかな希望がありました。

中に入って最初の数分間は混乱していました。花卉栽培パビリオンは魂のない「ガラス、コンクリート、金属の山」と化した。

クリーンでモダン、すべてにインタラクティブ性が詰め込まれており、それは今も機能しています。逃げられなかったアリは今もアリの街を這い回っています…。

しかし、花はどこにあるのでしょうか?結局のところ、花卉栽培という名前は主に生きた植物を意味します。以前は、ほとんどの場合、ここで自家製の花や苗、紫の葉を購入していました。抵抗するのは難しく、選択に目がくらむほどでした。そして今、私たちはあなたに、鉢植えの同じ種類の観葉植物の少数のセレクションを備えた退屈なアウトレットを1つ提供します。文字通り、緑の憂鬱。

有能な経営者たちは、特にホリデーシーズンの前に、好奇心旺盛な訪問者がいつも訪れる興味深い本物の場所を退屈な穴に変えました。再建は完全に期待外れだったことが判明した。無料で見られるものはそれほど多くありませんし、訪問するのにお金をかけるのは一般的に愚かです。したがって、修理や再建が必ずしも有益であるとは限りません。こんなに面白くて居心地の良いパビリオンでこのようなことが起こったのは残念です。あとは通りを散歩して昔を思い出すだけです。

良い気分と新しい楽しい印象をみんなに!

いいね、コメントを残して、再投稿してください!

チャンネル登録して、観光スポットや旅行に関する記事を読んでください!

「マーマレードを使わないおとぎ話」またはおいしいおやつのために踊る:トヴェリ カレリアへの小旅行。

夫と私は、年末年始の文化プログラムを企画する準備をしました。私たちはすでに多くの場所を訪れているため、「トヴェリ・カレリア」と呼ばれる非標準的な小旅行プログラムを選択しました。遠足中にどんな驚きが私たちを待っているか知っていれば…

リホスラヴリ市はトヴェリ カレリア州に位置し、陶器生産の中心地です。

前世紀の 40 年代に、陶器産業はリコスラフスキー産業工場に引き継がれ、時間の経過とともに近代的な企業「美術工芸品」に変わりました。ここで、彼らは、ほぼ失われつつあった研磨技術、つまり表面を擦って製品に光沢と輝きを与える技術を、大変な苦労を経て復活させることに成功しました。

ルートの最初の目的地は、陶器の生産と博物館「リコスラヴリの陶磁器」です。そこでは、これらの地域の特徴的な模様を施したキッチン用品、置物、パネル、植木鉢などを手作りやスタンピングで製造、販売しています。公演は非常に小規模で、敷地内は冬はかなり寒かったですが、若い女の子のガイドが彼女の話で非常に興味をそそったので、不便さには目をつぶってしまいました。生産現場では写真撮影が禁止されていますが、美術館や店舗では制限はありません。

制作中に昼食が用意され、自由時間にはトイレに行ったり、地元の小さな店で何かを買うことができました。想像力が許す限り、自宅で彫刻できる塊状粘土も販売しています。言う必要があります。プロダクションはかなり離れた場所にあるので、自主的または強制的に組織された昼食をとることをお勧めします。主要なグループが食事に忙しい間、特に寒い日や雨の日には、彼らを待つ場所も何もすることもありません。昼食後は、敷地内を少し散歩して思い出に残る写真を撮るのに十分な時間があります。

地元の民芸品を鑑賞した後、グループは街の中心部、19 世紀の元商家の建物であるリホスラフ地方伝承博物館に連れて行かれます。

ここで彼らは、カレリア人がトヴェリの土地のどこから来たのかを教えてくれます。なぜなら、この国籍はまったく異なる生息地とより関連しているからです。

トヴェリのカレリア人は、ラドガ湖とフィンランド湾の間の地域に住んでいたコレラ族コミュニティの子孫です。入植者の最初の波はスウェーデン人がカレリア地峡を占領したときに起こり、2番目の主要な波はスウェーデンとの平和条約の調印後に起こり、それによるとカレリア地方全体をその所有物として与えなければならなかった。カレリア難民には特別な特権があり、土地が与えられ、家畜の購入代金も支払われました。そしてカレリア人は新しい故郷に定住し、徐々に同化し、母国語を失いました。現在、リホスラヴリには子供向けの民族音楽アンサンブルがあります。彼らは自主的にそれに参加し、衣装を縫い、伝統的なカレリア楽器の演奏や母国語での歌を勉強します。

博物館を訪れた後は、ライ麦生地で作られた伝統的なカレリアのカリトカパイでお茶をいただきます。小麦粉を使用しているので味に癖がありますが、お土産として買って帰る人も多いです。

お茶を飲みながら、地元の子供たちのアンサンブルがグループの前で演奏し、ゲストにカレリア語と音楽の創造性を紹介します。グループはとてもフレンドリーでしたが、子供たちは指導者の指導のもと、抑制された行動をしていました。彼らは素晴らしかったですが、全体の雰囲気はやや緊張していました。

2 回の食事とコンサートの後、グループはウォームアップしてリラックスしました。プログラムのハイライトであるマーマラドナヤ スカズカ マーマレード生産工場への遠足が私たちの前にあったからです。

ルートの最終地点では、多くのポジティブな感情と鮮やかな印象が約束されました。一般に、これが起こったことであり、効果だけが逆でした。

一行がバスに乗り込んだとき、最初に私を驚かせたのは、ガイドの言葉でした。「これから踊りに行きます。」緊張した…踊って…なぜ踊るの?なぜ?記載されているプログラムのこの項目を覚えていません。

工場に到着すると、敷地内への立ち入りが許可され、後ろで門が閉まりました。罠がバタンと閉まりました。周囲には面白いジャンルの彫刻がたくさんあり、ドラゴンがいる中世の城のような新築の建物さえあったので、人々は何も疑うことなく、興味深く見回し始めました。

外は凍っていましたが、彼らは私たちを暖かさの中に入れようとはしませんでした。代わりに、グループはおとぎ話の登場人物たちに迎えられ、その知らせに満足しました。これから私たちは踊り、楽しみ、ばかげた仕事をやり遂げ、寒い中一緒にフロストおじいさんを待ちます。他の人はどうか知りませんが、私自身はそのような楽しい見通しにただただ驚かされました。グループ全体の中で子供は 1 人だけでしたが、それでも彼は未成年ではなかったことに注意してください。そして、グループの半分は一般的に高齢者でした。

しかし、命令は命令であり、一歩脇に置くと実行されます。ゲストのために新年の雰囲気を無理やり作り出そうとする地元のアニメーターたちの試みは、老人ホームの失礼な職員が高齢者のグループを輪になって歩くという、映画「約束された天国」のワンシーンを彷彿とさせるものだった。

とても年配の夫婦も私たちと一緒に旅行していましたが、彼らも音楽に合わせて喜んで飛び跳ね、コルバロールの夢を見たそうです。ある時点で、拷問者たちは警戒を失い、祖父はなんとか輪から逃げました。彼がカメラのレンズを中世の城に向けるとすぐに、「陣形を整えて周囲の防御を陣取れ!」という威圧的な命令が聞こえました。

最後に、サンタクロースが空き地に現れました。きっと、グループの多くが慈悲を乞う準備ができていたでしょう。しかし、リラックスするには早すぎました。おじいさんは、まったく優しいおとぎ話の登場人物ではないことが判明しましたが、シドールのヤギのように「パレード」の周りで私たちを追いかけました。時折、すでにゆっくりと歩いている隣のおばあちゃんを注意深く見ましたが、ここでは実際に自分の若い頃を思い出さなければなりませんでした。すでに救急車を呼ぶ寸前だったとき、拷問者たちは同情し、私たちに甘いお菓子を与え、暖かいところへ行かせてくれました。感謝のしるしとして元気よく吠えなくて済むことに感謝します。

そして、ご存じのとおり、このような自主的に強制されたエンターテイメントの後、実際には情報はまったく認識されず、プロダクション自体への旅行の話はなかったものの、写真撮影は厳しく禁止されました。美術館内は写真撮影禁止です!何の変哲もない小さな部屋にマーマレードのフィギュアの展示ケースが!まあ、何と言えばいいでしょうか。幼稚園児レベルの愚かなマスタークラスの後、ゲストはおいしいが高価なマーマレードを買うために工場の店に送られました。

ザドルノフと同じように、もう暗くなっていたので、領土をあまり歩くことはできませんでした。最もポジティブな感情は、すぐそこにある小さな動物園によって引き起こされましたが、プログラムには愛らしい住人たちとのコミュニケーションを楽しむ時間がまったく足りませんでした。

今、私たちは人生の明るい瞬間をユーモアを交えて思い出しますが、当時は笑う時間がなく、ただおとぎ話が欲しかったのです。そして、おとぎ話はマーマレードではなく、このように出てきました…

良い気分と新しい楽しい印象をみんなに!

いいね、コメントを残して、再投稿してください!

チャンネル登録して、観光スポットや旅行に関する記事を読んでください!

オフシーズンのモスクワの日本庭園はどのような様子ですか?そこを散歩する価値はありますか?

植物園の敷地内にある日本庭園は、はるか昔、前世紀の 80 年代に開園されました。

日出ずる国からソ連への贈り物として、日本側の直接参加により設立された。私の人生を通じて、植物園はお気に入りの散歩の場所でしたが、私たちがそのような珍しい場所について知ったのはずっと後になってからでした。特に宣伝していなかったのか、「情報がしっかり届いています」となっています。

1990年代に一度、私たちはそこに散歩に行って、植物園の奥に隠された珍しい場所を見に行きました。静かな場所で、週末でも絶対にアクセスできず、標識もほとんどありません。歩き慣れない私たちはナビゲーターなしで道に迷い、足を失ってしまいました。日本庭園は、特に周囲を一周した後では、特別な喜びを呼び起こすものではありませんでした。真夏は桜の時期ほど華やかではありません。しかし、どういうわけか彼らはそれについて考えませんでした。

日本庭園の地図上の位置 日本庭園の地図上の位置

開花時期には常に大行列ができ、若者はもちろん幼稚園児くらいの子どもたちにもアニメ文化が流行しています。春になると、庭園は漫画のキャラクターや日本の伝統的な着物に扮したコスプレ愛好家でいっぱいになります。

数年後、私たちはそこを散歩して、日本庭園に何が変わったのか見てみることにしました。彼はどのようにして「開花」し、変化したのでしょうか?

日本庭園に入る前に、私たちは小さな石庭に出迎えられます。訪問者はここでリラックスし、永遠について考えることができます。大都市のリズムは決してリラックスを許さないので、これはかなり難しいと言わざるを得ません。

ロックガーデン ロックガーデン

モスクワの観光料金は非常に手頃で、平日の正規チケットは 350 ルーブル、花の季節は 450 ルーブルです。無人。歩いて、リラックスして、静寂を楽しんでください。

この庭園は、日本の建築家の指導の下、日本の国家的園芸芸術のあらゆる特徴を考慮して作られました。ここには日本特有の約100種の植物や低木が生育しています。シャクナゲ、モノカエデ、サクラは北海道から直送。

特別な景観を作り出すために、特に庭園用に数百トンの石がトランスカルパティアから運ばれました。領土には滝が流れる小川と、木の橋が架かった2つの池があります。

日本から持ち込まれた石灯籠や塔が庭園に独特の色彩豊かな雰囲気を醸し出しています。塔は13層からなり、仏教寺院を象徴しています。彼女の年齢は約200歳です。東屋や日本家屋はリメイクのような雰囲気が残っているので、塔の「自然さ」には本当に驚かされます。

一方で、日本庭園の存在は何年にもわたって、ここではほとんど何も変わっておらず、実際、このような独特な雰囲気の場所では日本庭園の必要はありません。しかし、この訪問の間違いなくプラスの面は、思い出の写真でした。写真の中の美しい場所や明るくカラフルな場所が、何らかの理由で人生ほど印象的に見えないことが起こります。写真では美しさが伝わらないのが残念ですらあります。日本庭園では状況は逆で、見事な色鮮やかな写真と豊かな緑が確実に保証されます。

良い気分と新しい楽しい印象をみんなに!

いいね、コメントを残して、再投稿してください!

チャンネル登録して、観光スポットや旅行に関する記事を読んでください!